NHKドラマ『かぶき者 慶次』最終回の感想

LINEで送る
Pocket


昨日、NHKの時代劇ドラマかぶき者 慶次』の最終回が放送されました!

最終回の感想を書いていこうと思います。

「かぶき者 慶次 」最終回の感想
最終回の感想

良い最終回だったと思います!

徳川家康に会うために、わざと目立つ格好をして、「大ふへんもの」を掲げて、

駿府に向かったのにも関わらず、いきなり消息を消して演者として潜り込んで、

家康と対決するという慶次らしいかぶき者が見られました。

 

そして、家康との対決の場面は、さすがにかぶき者の慶次らしい立ち回りでしたね。

慶次役の藤竜也さんは素晴らしい演技だったと思います。

 

また、美津の死に装束の場面では、慶次の女房殿らしいかぶき姿を見せてくれました。

やはり、かぶき者の慶次を一番理解しているのは、

女房殿であると感じることができる最終回でした。
佐乃役の西内まりやさんの花嫁衣装は綺麗だったと思います。

今回のドラマで、西内まりやさんの演技は凄く良かったと思いますので、

個人的には結構好感度が上がりました。

 

今回のドラマでは、新九郎の成長が描かれており、

義理の父である慶次の姿を見て、

人生をどうやって生きていくかを学んでいったのだと思います。

 

慶次や慶次の家族に見守られて、強く成長した新九郎だからこそ、

与板組が新九郎を捕縛しようとした場面では、

勝之進はじめ仲間達が阻止すべく行動に出たんだと思います。
「かぶき者 慶次」で本当に伝えたかったテーマ

ドラマ「かぶき者 慶次」で本当に伝えたかったテーマは、

ドラマ全体のあらすじに書かれている

言いたいことも言えず、権力に迎合していく者を良しとする世の中で、年をとり、立場が変わっても、信じる価値観のため戦った漢・前田慶次

とあるように、言いたいこともなかなか言えず、周りに流されて生きていく現代人に対して、

「自分の気持ちに素直になって、人生を歩んでほしい」

ということを言いたかったんだと思います。

 

『かぶき者 慶次』は時代劇ドラマらしい良さ
前田慶次と言えば、漫画「花の慶次」を思い浮かべる方も多いと思いますが、

「かぶき者 慶次」では、「花の慶次」のような派手なかぶき者っぷりはありませんし、

時代の動乱が描かれるわけでもありませんでしたが、

時代劇ドラマらしい良さがあったと思います。

全体的に面白いドラマだったと思います。
直江兼続を描いた漫画『義風堂々!!』

「かぶき者 慶次」や「花の慶次」の主人公は前田慶次ですが、

上杉家の武将であり、慶次の友である「直江兼続」が主人公の漫画があります。

 

花の慶次』のスピンアウト作品で、『義風堂々!!』という漫画です。

「義風堂々」は、「花の慶次」の流れを受け継いでおり、

直江兼続も慶次と同様、かぶき者で豪快な人生を送ります。

「義風堂々」は漫画もありますが、アニメもあって、面白いのでおすすめです!

義風堂々!!公式サイトはこちら

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)