NHKドラマ『かぶき者 慶次』の最終回タイトルの意味について

現在、木曜日夜8時より、NHKの時代劇ドラマかぶき者 慶次』が放映されています。

ついに今週第11話が最終回です。

最終回「大ふへん者」のあらすじは以下のとおりです。

徳川の刺客に狙われた慶次(藤竜也)は、新九郎(中村蒼)、そして上杉家を守るため家康に会うべく「大ふへんもの」ののぼり旗を立て駿府に向かう。そして慶次は家康の前で「一世一代のかぶき」を披露し、石田三成の子である新九郎の命を狙わせないことを迫る。一方、上杉家中では、新九郎の正体を知った荒木康綱(大出俊)が、お家を守るため新九郎のもとへと向かう。勝之進が走る。そして最後に、どんでん返しが…!

 

「大ふへん者」について

みなさんは最終回のタイトルである「大ふへん者」の意味は御存知でしょうか?

前田慶次は、上杉家の直江兼続と親交があり、上杉家と伊達家との戦いに助っ人として駆けつけたのですが、そのとき背にした旗に「大ふへん者」と書きました。

ドラマ『かぶき者 慶次』最終回「大ふへん者」

当時はひらがなで文字を書く場合には濁点を省略する事が多かったのですが、
慶次はこれを逆手にとって、「大ふへん者」という旗を掲げて上杉の陣に参加したのです。
これを見た上杉家中の士は、「新参にも関らず、大武辺者とは何事か」と怒りました。

 

これに対し慶次は、

「田舎者はこれだから困る。清濁を間違えてはいけない。

わしは浪人暮らしが長く、女房殿もおらず、不便で仕方がないので大不便者と書いたのだ」

と言い返しました。
つまり慶次のかぶき者らしい行動だったわけです。

ちなみに、「大武辺者」と「大不便者」の意味は以下の通りです。

「大武辺者」

武辺者とは優れた武人を指す言葉です。

大をつければ自分がこの軍の中で一番優れていると言っているようなものです。

「大不便者」

確かに慶次は前田家を出てくる時に妻子を置いてきてますので、

この時は女房殿はおらず不便だったのでしょう。
「かぶき者 慶次」の友であり、

上杉家の武将である直江兼続を描いた漫画

ドラマ「かぶき者 慶次」の主人公は前田慶次ですが、慶次を描いた漫画『花の慶次』があります。

また、上杉家の武将であり、慶次の友である、直江兼続が主人公の漫画があります!

 

花の慶次』のスピンアウト作品で、『義風堂々!!』という漫画です。

 

「義風堂々」は、「花の慶次」の流れを受け継いでおり、

直江兼続も慶次と同様に、かぶき者で豪快な人生を送ります。

「義風堂々」は漫画もありますが、アニメもあって、面白いのでおすすめです!

義風堂々!!公式サイトはこちら

「かぶき者慶次」ってどんな人物なの?二人のキーパーソンから見る慶次の姿

さて、今回NHK木曜時代劇に取り上げられた前田慶次を語る上で、欠かせない人物が2人います。今回のドラマでは出番は無いようですが、前田慶次という人物にとってはキーパーソンと言える2人ですのでご紹介したいと思います。

 

まず一人目は、上杉景勝

上杉景勝(うえすぎ かげかつ)|戦国武将伝

上杉景勝は、慶次が仕え、忠誠を誓った主君です。「義」を掲げる人物として知られています。無口で口数が少なかったことでも有名です。

かぶき者として、例え時の人・秀吉の前でも周囲をかえりみない行動をとっていた慶次も、景勝の前では平静に戻ったと言います。

 

そしてもう一人は、直江兼続

慶次の盟友であり、共に上杉景勝に仕えた仲間です。甲冑の頭部に「愛」の字を掲げていたことも有名ですよね。

2009年の大河ドラマ「天地人」の主人公であり、妻夫木聡さんが演じたことでも話題になりました。

「天地人」は、関ケ原の合戦で負けた武将を主役に据えた初めての大河ドラマだったそうですよ。

第9位 天地人  エピソードで振り返る  人気大河「ベスト10」  | 大河ドラマ

 

そんな直江兼続と、前田慶次に焦点を当てた漫画・アニメがあります。

その名も「義風堂々!!

ストーリーは米沢で余生を楽しむ前田慶次が、盟友である兼続のことを回想するというもの。

義という字は「我」「美しい」という字からできており、

「我を美しゅうする」という意味があると言います。

つまり、我、己の生きざまを美しくしようと義に忠実に戦い抜いたのが前田慶次と直江兼続の二人であったと言えるでしょう。

キャストを徹底解剖!NHK「かぶき者慶次」の豪華キャスト陣

NHKのサイトでは、あらすじと共にキャスト陣が紹介されています!

おもな登場人物   かぶき者 慶次

 

キャスト陣の人物相関図を見て、まず、目を引くのはやはり主演・前田慶次役の藤竜也さんでしょう。2015年4月25日公開の、北野武監督作品「龍三と七人の子分たち」でも主演を務め、齢73歳にしてノリにノっている役者さんと言えるでしょう。

劇的“ジジイ”ビフォーアフター!「龍三と七人の子分たち」──あの頃君は若かった   映画ニュース   映画.com

 

こちらは映画サイトで見つけた、若かりし頃の藤竜也さんとの比較画像。スカウトがきっかけでデビューしたというだけあって、若いころもカッコいいですね!

 

そして次に気になる役者さんは、前田新九郎役の中村蒼さんですね。

中村蒼   アーティスト   レプロエンタテインメント

 

2013年の大河ドラマ「八重の桜」にも出演していた、ジュノンボーイ出身のイケメンさんです。今24歳ということで、こちらも順調に芸歴を重ねている役者さんですね。

 

藤竜也さん演じる慶次とは義理の親子にあたる役がらということで、この二人のやり取りが楽しみです!

 

 

さて、もうお二人ピックアップしていきましょう。

まずは話題のこちらの方。

 

壇蜜 | FITONE OFFICIAL WEB

 

慶次の命を狙う間者・雫役ということで……。THE・美人スパイ!といったところでしょうか。こんな妖艶な美人になら、命を狙われるのもたまらない……かもしれません(笑)

 

そして最後にピックアップしたいのはこちら、角田信朗さん。

 

角田信朗 傾奇ライブツアー2015 ~CR真・花の慶次│ニューギン

 

前田慶次をモチーフにしたパチンコ台のテーマ曲を歌っていることもあり、

慶次とは縁の深い方ですね。

こちらの写真はCR真・花の慶次 角田信朗傾奇ライブツアーのサイトにあったもの。

うーん、かぶいてますね!この格好!

 

以上のような豪華なキャスト陣で物語を織りなす、

NHK「かぶき者 慶次」。かなり渋い気配がします……気になりますねー!

 

NHK木曜時代劇に前田慶次が登場!

久しぶりに、NHKで前田家を見られます。

 

NHKのドラマで前田家というと、私は2002年の大河ドラマ・「利家とまつ~加賀百万石物語~」を思い出します。

戦国時代、武将の妻たちがいかに気丈であったかというのを、前田利家とまつ、豊臣秀吉とねね、佐々成政とはるという3組の夫婦を通じて描いたドラマでした。

 

「利家とまつ」からもう13年も経つんですねぇ。

第8位 利家とまつ~加賀百万石物語~  エピソードで振り返る  人気大河「ベスト10」  | 大河ドラマ

そして今春、NHKに前田家が帰ってきました。

その名も「かぶき者 慶次」!

前田慶次という、利家から見ると兄嫁の連れ子にあたる人物が主人公です。

(甥っ子、と言ってしまってよいのでしょうか…?)

 

タイトルの通り、「かぶき者」で知られる前田慶次ですが、

では、「かぶき者」とは一体どういう意味なのでしょうか?

 

かぶき者は、「傾奇者」「歌舞伎者」とも書きます。

戦国時代末期から江戸時代初期に流行した風潮のひとつで、

派手な身なりや奇抜な言動を好むという一方で、

「ブレない物差しを持っていること」が条件であるようです。

 

今回の「かぶき者 慶次」では、慶次の晩年の様子が描かれるとのこと。

かぶき者 慶次   NHK 木曜時代劇

年を老いてなお、風流三昧で酒好き、しかしいざという時には誰よりもブレない判断基準で

正しさを貫く。そんな慶次の姿を見ることができそうです。

 

また、この不安要素の多い世の中で、慶次のブレない姿から学ぶものも多そうですね。

個人的には、説教臭い展開は勘弁願いたいですが、

慶次の姿や振る舞いにスカッとできるようなストーリー展開に期待大です。