NHKドラマ『かぶき者 慶次』最終回の感想

昨日、NHKの時代劇ドラマかぶき者 慶次』の最終回が放送されました!

最終回の感想を書いていこうと思います。

「かぶき者 慶次 」最終回の感想
最終回の感想

良い最終回だったと思います!

徳川家康に会うために、わざと目立つ格好をして、「大ふへんもの」を掲げて、

駿府に向かったのにも関わらず、いきなり消息を消して演者として潜り込んで、

家康と対決するという慶次らしいかぶき者が見られました。

 

そして、家康との対決の場面は、さすがにかぶき者の慶次らしい立ち回りでしたね。

慶次役の藤竜也さんは素晴らしい演技だったと思います。

 

また、美津の死に装束の場面では、慶次の女房殿らしいかぶき姿を見せてくれました。

やはり、かぶき者の慶次を一番理解しているのは、

女房殿であると感じることができる最終回でした。
佐乃役の西内まりやさんの花嫁衣装は綺麗だったと思います。

今回のドラマで、西内まりやさんの演技は凄く良かったと思いますので、

個人的には結構好感度が上がりました。

 

今回のドラマでは、新九郎の成長が描かれており、

義理の父である慶次の姿を見て、

人生をどうやって生きていくかを学んでいったのだと思います。

 

慶次や慶次の家族に見守られて、強く成長した新九郎だからこそ、

与板組が新九郎を捕縛しようとした場面では、

勝之進はじめ仲間達が阻止すべく行動に出たんだと思います。
「かぶき者 慶次」で本当に伝えたかったテーマ

ドラマ「かぶき者 慶次」で本当に伝えたかったテーマは、

ドラマ全体のあらすじに書かれている

言いたいことも言えず、権力に迎合していく者を良しとする世の中で、年をとり、立場が変わっても、信じる価値観のため戦った漢・前田慶次

とあるように、言いたいこともなかなか言えず、周りに流されて生きていく現代人に対して、

「自分の気持ちに素直になって、人生を歩んでほしい」

ということを言いたかったんだと思います。

 

『かぶき者 慶次』は時代劇ドラマらしい良さ
前田慶次と言えば、漫画「花の慶次」を思い浮かべる方も多いと思いますが、

「かぶき者 慶次」では、「花の慶次」のような派手なかぶき者っぷりはありませんし、

時代の動乱が描かれるわけでもありませんでしたが、

時代劇ドラマらしい良さがあったと思います。

全体的に面白いドラマだったと思います。
直江兼続を描いた漫画『義風堂々!!』

「かぶき者 慶次」や「花の慶次」の主人公は前田慶次ですが、

上杉家の武将であり、慶次の友である「直江兼続」が主人公の漫画があります。

 

花の慶次』のスピンアウト作品で、『義風堂々!!』という漫画です。

「義風堂々」は、「花の慶次」の流れを受け継いでおり、

直江兼続も慶次と同様、かぶき者で豪快な人生を送ります。

「義風堂々」は漫画もありますが、アニメもあって、面白いのでおすすめです!

義風堂々!!公式サイトはこちら

NHKドラマ『かぶき者 慶次』の最終回タイトルの意味について

現在、木曜日夜8時より、NHKの時代劇ドラマかぶき者 慶次』が放映されています。

ついに今週第11話が最終回です。

最終回「大ふへん者」のあらすじは以下のとおりです。

徳川の刺客に狙われた慶次(藤竜也)は、新九郎(中村蒼)、そして上杉家を守るため家康に会うべく「大ふへんもの」ののぼり旗を立て駿府に向かう。そして慶次は家康の前で「一世一代のかぶき」を披露し、石田三成の子である新九郎の命を狙わせないことを迫る。一方、上杉家中では、新九郎の正体を知った荒木康綱(大出俊)が、お家を守るため新九郎のもとへと向かう。勝之進が走る。そして最後に、どんでん返しが…!

 

「大ふへん者」について

みなさんは最終回のタイトルである「大ふへん者」の意味は御存知でしょうか?

前田慶次は、上杉家の直江兼続と親交があり、上杉家と伊達家との戦いに助っ人として駆けつけたのですが、そのとき背にした旗に「大ふへん者」と書きました。

ドラマ『かぶき者 慶次』最終回「大ふへん者」

当時はひらがなで文字を書く場合には濁点を省略する事が多かったのですが、
慶次はこれを逆手にとって、「大ふへん者」という旗を掲げて上杉の陣に参加したのです。
これを見た上杉家中の士は、「新参にも関らず、大武辺者とは何事か」と怒りました。

 

これに対し慶次は、

「田舎者はこれだから困る。清濁を間違えてはいけない。

わしは浪人暮らしが長く、女房殿もおらず、不便で仕方がないので大不便者と書いたのだ」

と言い返しました。
つまり慶次のかぶき者らしい行動だったわけです。

ちなみに、「大武辺者」と「大不便者」の意味は以下の通りです。

「大武辺者」

武辺者とは優れた武人を指す言葉です。

大をつければ自分がこの軍の中で一番優れていると言っているようなものです。

「大不便者」

確かに慶次は前田家を出てくる時に妻子を置いてきてますので、

この時は女房殿はおらず不便だったのでしょう。
「かぶき者 慶次」の友であり、

上杉家の武将である直江兼続を描いた漫画

ドラマ「かぶき者 慶次」の主人公は前田慶次ですが、慶次を描いた漫画『花の慶次』があります。

また、上杉家の武将であり、慶次の友である、直江兼続が主人公の漫画があります!

 

花の慶次』のスピンアウト作品で、『義風堂々!!』という漫画です。

 

「義風堂々」は、「花の慶次」の流れを受け継いでおり、

直江兼続も慶次と同様に、かぶき者で豪快な人生を送ります。

「義風堂々」は漫画もありますが、アニメもあって、面白いのでおすすめです!

義風堂々!!公式サイトはこちら

NHKドラマ『かぶき者 慶次』第10話のあらすじと感想

現在、木曜日夜8時より、NHKの時代劇ドラマかぶき者 慶次』が放映されています。

第10話(6/11)まで終了しました。次が最終回です。

第10話のあらすじ感想を書いていきます。

「かぶき者 慶次 」あらすじと感想

『かぶき者 慶次』第10話のあらすじ

馬廻組のリーダー格の安田継之丞(神尾佑さん)の死をめぐり、

馬廻組の勢力を削ぎたい年寄衆の荒木康綱(大出俊さん)は、

慶次に馬廻組が蓄えた金子と武具を差し出させることで、

安田家の家督を勝之進に相続させると約束する。

 

一方、前田家でも、新九郎(中村蒼さん)が石田三成の遺児で、

慶次の実の子でないことがわかり、妹の佐乃(西内まりやさん)との関係にも微妙な変化が起こる。

そんななか慶次を狙って、徳川の刺客の鉄砲が火を噴く。

 

『かぶき者 慶次』第10話の感想

第10話では家族の絆を描いています。

新九郎は佐乃と一緒になるために、石田の姓を掲げて生きると宣言しました。
佐乃の新九郎への気持ちが初々しく、新九郎と佐乃の二人の気持ちが通じ合って良かったと思います。

また、おたけさんの二人の幸せを願う気持ちが温かくて良かったですね。

 

「大切な何かを背負って生きていく漢は、強くそして優しくなければいけない」

それを見せてきたのが、かぶき者の慶次であり、慶次の背中を見て、

新九郎はそうなろうとしてきたんでしょうね。
いよいよ、次回の最終回では家康が出てきます。

家康に対して、慶次がどのようにかぶくのか、見事な立ち振る舞いが見れると思います。

最終回が楽しみですね。

 

「かぶき者 慶次」の友、直江兼続を描いた漫画

ドラマ「かぶき者 慶次」では登場しませんが、

前田慶次と言えば、直江兼続を連想する方もいると思います。

 

実は直江兼続を描いた漫画がありまして、『義風堂々!!』という作品です。

この漫画では、慶次が登場しています。

 

直江兼続は、慶次に劣らないかぶき者で、凄く面白いのでお勧めですよ!

義風堂々!!公式サイトはこちら

「かぶき者 慶次」と関係が深いドラマと漫画について

今、木曜日夜8時より、NHKの時代劇ドラマかぶき者 慶次』が放映されています。

 

このドラマは権力に迎合していく者を良しとする時代の中でも、年をとって、立場が変わっても、信じる価値観のために戦った天下一のかぶき者・前田慶次の晩年を描いた作品です。
6月18日放送の最終回に向けて、盛り上がってきましたが、

どういった結末になるのでしょうか?新九郎と佐乃の関係がどうなっていくか気になりますね。

 

このドラマの原作自体は脚本が小松江里子氏、原案が火坂雅志氏で、

脚本家の小松江里子さんと、小説家の火坂雅志さんとは、

2009年のNHK大河ドラマ「天地人」でのコンビなんです。

 

・ドラマ「天地人」について

ドラマ「天地人」は、上杉の智将である直江兼続の生涯を描いた作品です。

このドラマでは、兼続の生き様を通して、現代人に失われてしまった「日本人の義と愛」を描きました。

兼続は上杉謙信を師と仰ぎ、「利」を求める戦国時代において、民、義、故郷への愛を貫きました。

直江兼続は上杉家の家臣として、上杉景勝を生涯支え続け、米沢市街地の礎を築きました。

キャストとしては、妻夫木聡さんが演じました。

 

・直江兼続は、前田慶次の親友

ところで、直江兼続は、前田慶次の親友なんです。

2009年に「天地人」で直江兼続が主人公、

2015年に「かぶき者 慶次」で前田慶次を主人公にしたのは、

そういう親友関係の流れからかもしれません。

ドラマ「かぶき者 慶次」の主人公は前田慶次ですが、

慶次を描いた漫画『花の慶次』があります。

そして、ドラマ「天地人」の主人公の直江兼続ですが、兼続を描いた漫画があるんです。

 

・直江兼続の漫画『義風堂々!!』

『花の慶次』のスピンアウト作品で、『義風堂々!!』という漫画です。

ちなみに「かぶき者 慶次」と「花の慶次」の原作が関係ないように、

「天地人」と「義風堂々」の原作は関係ありません。

「かぶき者 慶次」と関係が深い漫画

義風堂々」は、「花の慶次」の流れを受け継いでおり、

直江兼続も慶次と同様、かぶき者で豪快な生き様を見せてくれます。

「義風堂々」は漫画もありますが、アニメもあって、面白いのでおすすめです!

義風堂々!!公式サイトはこちら

「かぶき者 慶次」ならドラマだけでなく漫画もあるよ

・ドラマ「かぶき者 慶次」

4月9日の夜8時よりNHKドラマ『かぶき者 慶次』が放送されていますね。
6月18日放送分が最終回ですが、どういった結末になるのでしょうか、楽しみですね。

 

このドラマは権力に迎合していく者を良しとする時代の中でも、

年老いて、立場が変わったとしても、信じる価値観のために戦った

天下一のかぶき者の前田慶次の晩年を描いた作品です。
このドラマの原作は、脚本が小松江里子さん、原案が火坂雅志さんです。

 

・かぶき者慶次を描いた漫画『花の慶次』

ただ、前田慶次と聞けば、隆慶一郎さんの小説『一夢庵風流記』を原作とした、

原哲夫さんの漫画である『花の慶次』が有名ですよね。

 

花の慶次

 

「花の慶次」は、戦国の時代を当代きっての傾奇者(かぶき者)として生きた

漢・前田慶次の奔放な人生を描いた作品です。

ドラマの慶次の場合、年齢は60歳を超えていますが、

漫画の慶次は30代後半~40代の設定で若いです。

 

原作は隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」で、

少年誌に配慮したアレンジがなされています。

 

初出は1989年50号の「週刊少年ジャンプ」(集英社)の読み切り版で、その後1990年13号から連載を開始。1993年33号まで連載しました。

 

原哲夫氏の迫力ある描写と、優しさと漢気に溢れた前田慶次自身とそれを取り巻く多彩な登場人物との人間ドラマが魅力の漫画です。

 

主人公である前田慶次は、もともと本名は前田慶次郎利益です。

戦国一の快男児で、身の丈は約197cm以上ある大きな武将で、体重は90kgだったそうです。

自由を愛し、命を賭した遊びを楽しんだ当代きっての傾奇者(かぶき者)です。

 

・慶次に劣らない「かぶき者 直江兼続」を描いた漫画『義風堂々!!』

また、『花の慶次』にはスピンアウト作品の『義風堂々!!』があります!

作画を担当した原哲夫氏が描き切れていなかったと語る

慶次の友である直江兼続の物語となります。

 

隠居した慶次が語り手として、若き日の兼続(樋口与六)のことを回想していく形式です。

直江兼続も凄いかぶき者で、面白いのでお勧めです!

詳しくはこちらのWEBサイトを見てください!