かぶき者前田慶次を描いた漫画「花の慶次」

前田慶次は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての武将です。

もともと本名は前田慶次郎利益ですが、前田慶次と呼ばれるようになったのは、

花の慶次」という漫画の影響が大きかったと思います。

前田慶次を描いた漫画「花の慶次」

漫画「花の慶次」について

「花の慶次」の特徴としては、

優しくて、漢気にあふれた前田慶次と慶次をとりまく登場人物が繰り広げる人間ドラマが面白く、動乱の時代を生きた漢達と、爽やかでありながら、激しくぶつかり合う様を、

原哲夫氏が圧倒的で丁寧な画力で描いています。

 

身の丈は約197cm以上もあった大きな武将で、体重は90kgあったとのことです。

甲賀の忍で、身のこなしも軽くて、自由奔放に生きていくことを愛した当代きってのかぶき者です。

 

人気が出たのは、慶次がかぶき者だったからと言われており、

現在では「かぶく(傾く)」という言葉が一般的に使用されていたりします。

「かぶき者(傾奇者)」というのは、異風の姿恰好を好んで、異様な振る舞いで、

人を驚かす者を言います。

 

「花の慶次」の初出は、1989年50号の「週刊少年ジャンプ」(集英社)の読み切り版で、

その後1990年13号から連載を開始しました。

 
「花の慶次」の原作について

原作は隆慶一郎作の歴史小説「一夢庵風流記」であり、

少年誌に配慮したアレンジやオリジナルエピソードなどを追加して、

1993年33号まで連載しました。

 

ところで、原作となった「一夢庵風流記」は今でこそ有名ですが、

史料が少なかったことから、知名度は高くなかったのです。

 

その低かった知名度を高めたのは、小説家の「隆慶一郎」氏で、

週刊読売で1988年1月3日・10日合併号~1989年1月29日号まで

連載した小説『一夢庵風流記』で、前田慶次は有名になります。

 

 

「花の慶次」には、直江兼続が主人公のスピンアウト作品「義風堂々」があったり、

パチンコ「CR花の慶次」があったりして、面白いのでおすすめですよ。

前田慶次を描いた「花の慶次」の詳細については、こちらの公式サイトを見てください!

wellenetz