「かぶき者慶次」ってどんな人物なの?二人のキーパーソンから見る慶次の姿

LINEで送る
Pocket


さて、今回NHK木曜時代劇に取り上げられた前田慶次を語る上で、欠かせない人物が2人います。今回のドラマでは出番は無いようですが、前田慶次という人物にとってはキーパーソンと言える2人ですのでご紹介したいと思います。

 

まず一人目は、上杉景勝

上杉景勝(うえすぎ かげかつ)|戦国武将伝

上杉景勝は、慶次が仕え、忠誠を誓った主君です。「義」を掲げる人物として知られています。無口で口数が少なかったことでも有名です。

かぶき者として、例え時の人・秀吉の前でも周囲をかえりみない行動をとっていた慶次も、景勝の前では平静に戻ったと言います。

 

そしてもう一人は、直江兼続

慶次の盟友であり、共に上杉景勝に仕えた仲間です。甲冑の頭部に「愛」の字を掲げていたことも有名ですよね。

2009年の大河ドラマ「天地人」の主人公であり、妻夫木聡さんが演じたことでも話題になりました。

「天地人」は、関ケ原の合戦で負けた武将を主役に据えた初めての大河ドラマだったそうですよ。

第9位 天地人  エピソードで振り返る  人気大河「ベスト10」  | 大河ドラマ

 

そんな直江兼続と、前田慶次に焦点を当てた漫画・アニメがあります。

その名も「義風堂々!!

ストーリーは米沢で余生を楽しむ前田慶次が、盟友である兼続のことを回想するというもの。

義という字は「我」「美しい」という字からできており、

「我を美しゅうする」という意味があると言います。

つまり、我、己の生きざまを美しくしようと義に忠実に戦い抜いたのが前田慶次と直江兼続の二人であったと言えるでしょう。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)